自分で見えない

背中ニキビとは、文字通り背中にできるニキビのことです。

顔にできるニキビと違い、背中にできるので、なかなか自分で見えず、発見が遅くなり悪化させてしまうことが多々あります。

夏場でないとなかなか見せることもないので気付きにくいと思います。

背中ニキビの注意点はまさにここで、発見が遅れることで最悪、跡が残りシミの原因となってしまうことがあります。

さらに最悪な場合、クレーターのような形で残ってしまうこともあります。

背中ニキビの原因となるのは、シャンプー等の洗剤が背中に残ってしまうことと汗です。

外出先で汗をかいても首や腕は拭くことができますが、背中まで拭く人はなかなかいません。

また、手が届きにくいのでお手入れもしにくいです。また背中ニキビの注意点でもうひとつ、実は食生活の影響も大きいのです。

刺激物や脂っこいものも背中ニキビの原因となります。以上の原因を考えると、改善方法は逆の生活を心がけることが大切です。

お風呂に入るときは、体を先に洗っていた順番を逆にして、シャンプーを先にし、後で体を洗うことで、

背中に残る洗剤を流すことができます。

また外出時、背中にデオドラントスプレーをつけたり、汗ふきシートを利用することも有効です。

他にも背中ニキビの注意点はあります。食生活の改善を行い、野菜中心の生活を心がけ、睡眠を十分に取るようにしましょう。

市販薬の併用も効果がありますが、あまりにも治らないときは専門医への相談も大切です。